バジルと青じその間引きを水耕栽培したけど結局土に植える

バジルと青じそ 畑・プランター栽培

庭の畑に、バジルと青じそを植えました。

買ってきた苗はそれぞれ1つずつですが、どちらも葉っぱが何本もたくさん出ている状態で、とても混み合っていました。

少し間引いた方がいいのかなと思い、間引きました。

間引いた葉っぱのいくつかは、料理に使って食べましたが「水耕栽培もできるのでは?」と思い、やってみました。

やってみましたが…

その後の様子についてお伝えします!

スポンサーリンク

<他の畑・プランター栽培についてはこちら>
野菜を畑やプランターで栽培しよう!庭でイチゴやアスパラも

バジルと青じそも水耕栽培できる

バジルと青じそを畑から間引いて、根っこからうまく抜けたものは、水にさして水耕栽培してみました。

そうしたら、しおれることもなく葉っぱがイキイキとしているので、どちらも水耕栽培ができるようです!

その後に、結構たくさん青じそを間引いたので、それも水耕栽培しました。

青じそ

外の庭で育てているバジルと青じそは、どちらもバッタの赤ちゃんたちが葉っぱを食べてしまい、残念なことに虫食いだらけになっているんです…。

バジル

青じそ

小さいバッタの赤ちゃん、見えますか?

バジル

青じそ

人間と同じで、バッタも葉物野菜は柔らかくて美味しいのでしょうね。

人間が葉っぱを食べない野菜の葉には、バッタも全然集まってこないので。

室内の水耕栽培なら、バッタに食べられることもないし、いいわ~♪

そう思っていました。

それで、毎日コツコツと水かえをして水耕栽培で育てていましたが、あるときふと気付きました。

この水耕栽培、葉っぱが全然大きくならないー!

生長ゆっくりすぎー!!

庭のは、虫食いだらけにはなっているけど、それなりにどんどん生長はしています。

やっぱり土と外の太陽の光が必要なんですね。

水耕栽培のこのペースでは、毎日水を取りかえているだけで、全く育てている意味がないと思い、結局土に植えることにしました。

でも外だと、害虫除けの不織布などで覆わないと、バッタの赤ちゃんたちが喜んで群がってしまうので、家の中でプランター栽培をしてみることにしました。

プランターの土に植えよう

ホーマックでプランターを買ってきました。

そこにホーマックで買った、元肥の肥料入りの土を入れます。

ここにバジルと青じそを植えていきます。

棒で穴を開けて、その穴に植えます。

スポンサーリンク

バジルが2本と

青じそが根っこの本数で言うと、5本です。

青じそ

2種類を同じプランターに植えました。

このプランターを、室内のリビングの日当たりの良いところで育ててみます。

これで少しは、生長がスピードアップするかな?

室内のプランターで順調に生長!

その後、リビングの日当たりの良いところに置いて、コツコツと水やりをして育てていました。

100円ショップで買った、液肥も時々あげています。

そうしたら、最初は生長がゆっくりでしたが、やがてぐんぐん葉を広げるようになりました!

左側が青じそで、右側の背の高いのがバジルです。

青じそとバジル

普段は日差しを遮らないように、レースのカーテンを開けたり、レースのカーテンと窓の間に置くようにして、十分に日光を当てています。

青じそは大きい葉っぱから、もう何度も収穫して、料理に使っています。

それでもどんどん新しい葉っぱが出てきます。

リビングで育てているから、使いたいときにさっと収穫できるのがいいですね。

室内だから虫が付くこともなくて葉っぱもきれいだし、使いやすくてとても重宝しています。

外の畑で育てている青じそよりも、葉っぱ自体が柔らかくて、味も香りもマイルドで食べやすいです。

バジルの摘心をする

一番上の部分を切り取る「摘心」という作業をして、バジルの葉の収穫量を増やしていきたいと思います。

摘心をしないと、バジルはこのように、ただ上にどんどん伸びていきます。

一番上の生長点を切り取る摘心をすることで、横から出てきている側芽の生長を促します。

そうすることで、そこから2本に枝分かれして増えていくんですね。

摘心して、切り取ってみましょう。

チョキン。

切ったところの根元から既に側芽が出ているので、この葉っぱが2つに枝分かれした状態で、さらにどんどん伸びていってくれると思います。

枝が2本になるので、葉っぱの収穫量も2倍ですね。

今回切り取ったバジルや、外で育てているバジルの収穫した分は、フリージングパックに入れて冷凍しています。

たくさんためて、バジルソースを作りたいと思っています。

そのままカラカラに乾燥させて、こまかくしたものを塩と混ぜて、ハーブソルトにしてもいいですね!

まとめ

長ネギや大根、ニンジンなどの水耕栽培は、葉っぱがどんどん伸びるのに対して、バジルと青じそはあまりにもゆっくりすぎました。

室内のプランター栽培で土に植えた方が、生長が早いですね。

毎日水をやりながら、生長を観察するのはとても楽しいです。

その都度収穫しておいしく味わいながら、どこまで生長していくのか、これからも観察していきたいと思います!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴっかりママ

2人の小学生のママです♪

忙しい毎日の中でも、無理なくできる、おいしい食事でつくる、ピュアライフについてご紹介しています。

保育士と子育ての両立で忙しい中、食材宅配と出会いました。

子育て中や共働きで時短を目指したいママに、食材宅配はとってもおすすめです!

食や生活用品の安全基準がしっかりしている宅配を選べば、家族の健康にとっても、安心感がありますよ。

ぜひ、毎日の食生活や日用品選びの参考にしてみてくださいね。

野菜の水耕栽培や家庭菜園もやってます!

ぴっかりママをフォローする
畑・プランター栽培
ぴっかりママをフォローする
食材ぴかぴか家族
タイトルとURLをコピーしました