子カブの種を少し時期が遅い11月中旬に畑にまいて収穫できるか

小カブの種 畑・プランター栽培

11月中旬に、庭の畑に小カブの種をまいてみました。

カブを育てるのは初めてです。

種の袋に書いてある、種の「まきどき」を見ると、3月下旬から11月上旬とあります。

さて、無事に収穫まで至るでしょうか。

スポンサーリンク

時なし小カブは50日で収穫できる

今回買った種は「時なし小カブ」というもので、全国どこの地方でも栽培できる、極早生と言われる生育期間の短い品種です。

じょうぶで作りやすくて、50日くらいで収穫できるんですって。

酷暑と極寒の時期をのぞけば、いつまいてもよくて、プランターや箱でも簡単に作れるので、家庭菜園に最適な野菜と書いてあります。

実際の種は、こんな感じです。

黒っぽいのや赤茶色のもあったりして、茶色の濃さがいろいろなんですね。

畝をつくる

夏の間に育てていた落花生が収穫を迎えて、その畑があいたので、そこをつかいます。

隣のトマトやオクラを育てていた場所もあいているので、2列つかいます。

土を耕して、苦土石灰を加えてよく混ぜたところに、種をばらまきします。

上に土をかけるのか、いまいちよく分からなかったので、そのまま土はかけずにいました。

後から調べてみると、やっぱり土はかけるみたいです。笑

まきどきが11月上旬までと書いてありましたが、まいたのは11月15日です。

さて、無事に発芽するでしょうか。

10日後に発芽を確認

種まきから10日後に、発芽を確認しました!

スポンサーリンク

上から土をかけなかったのに、ちゃんと発芽しましたね。笑

12月・ノラ猫に荒らされる

うちの周りには、ノラ猫ちゃんたちが何匹かいるんですが、土があらわになっていると、てきめんに荒らされます。

フンもされるし、ちょっと困っています。

夏の間とか、雑草があったりすると全然大丈夫なのですが、雑草がなくなって土が丸見えになっちゃうと、やっぱり習性なんでしょうね。

今回も、まんまと足跡だらけで、畝の形はもはや残ってはいません。苦笑

ひ弱な芽がたくさんあるし、なかなかどうしようもできないので、気にせずそのまま様子を見ます。

芽は少しずつ間引いて、これも食べられるみたいです。

もう少し様子を見てから、間引いてみたいと思います。

まとめ

少し時期が遅い、11月中旬に小カブの種まきをした様子についてお伝えしました。

猫の影響を早速受けていますが、このまま気長に様子を見守っていきたいと思います。

また何か変化があったら、こちらに追記していきたいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴっかりママ

2人の小学生のママです♪

忙しい毎日の中でも、無理なくできる、おいしい食事でつくる、ピュアライフについてご紹介しています。

保育士と子育ての両立で忙しい中、食材宅配と出会いました。

子育て中や共働きで時短を目指したいママに、食材宅配はとってもおすすめです!

食や生活用品の安全基準がしっかりしている宅配を選べば、家族の健康にとっても、安心感がありますよ。

ぜひ、毎日の食生活や日用品選びの参考にしてみてくださいね。

野菜の水耕栽培や家庭菜園もやってます!

ぴっかりママをフォローする
畑・プランター栽培
ぴっかりママをフォローする
食材ぴかぴか家族
タイトルとURLをコピーしました