いちごのプランター栽培をしよう!生育に必要な3つの成分

いちご 畑・プランター栽培

昨年、庭の畑にイチゴの苗を植えました。

でも、すっかり赤くなる前に、アリなどの虫に食べられてしまうことも多くて、子どもたちもそのたびに残念がっていました。

そこで今年は、プランターで栽培することにしました。

それなら、虫も来づらいし、状況によっては運んでプランターの位置を変えることもできます。

実際に、前にプランター栽培したときには、虫の被害はなかったんですよね。

今年はたくさん収穫できるでしょうか。

イチゴのプランター栽培の様子を、記録してみたいと思います!

スポンサーリンク

<他の畑・プランター栽培についてはこちら>
野菜を畑やプランターで栽培しよう!庭でイチゴやアスパラも

イチゴの苗を植える

ホーマックで、イチゴの苗を植える、プランターを買ってきました。

ここにイチゴを3株、植えたいと思います。

プランターに入れる土は、昨年も使った「花と野菜のかる~い培養土」25Lです。

お店で見てる中では比較的安いし、本当に軽くて買う時にも楽なので、今回もこれにしました。

裏はこんな感じです。

元肥入りで、野菜を育てるときに必要な肥料が、あらかじめ土に混ぜてあります。

植え付け前に土に混ぜる肥料を、元肥と言います。

それに対して、生育途中で加える肥料を、追肥と言います。

植物の生育に必要な3要素

植物を育てるときには、必ず必要な成分が3種類あります。

●葉っぱを大きくする窒素(N)

●花や実を大きくするリン酸(P)

●根や茎を育てるカリウム(K)

この3つです。

成分によって、育つところが違うのですね。

私は畑やガーデニングは初心者な方なので、最初から混ざっている元肥入りのを使って、育てたいと思います。

「花と野菜のかる~い培養土」を、プランターに入れました。

まだ半分くらい残っています。

残りは、他の野菜もいくつか育てる予定なので、そのときに使おうと思います。

こちらが昨年、虫に先にイチゴを食べられてしまった、畑のイチゴの苗です。

2株あって、1つは葉っぱが大きく広がっています。

もう1つは、とても小さい苗です。

でも両方とも既に花が咲いて、小さい実ができはじめています。

赤くなったらまた虫が集まってくるかもしれないから、これをプランターに移します。

大きい苗と…

小さい苗も真ん中に入りました。

イチゴの一季成りと四季成り

そしてもう1つは、今回ホーマックで新しく買ってきた苗です。

「イチゴ四季成り」の「鈴音」です。

収穫期は4月~10月です。

四季成りと書いてあるものは、収穫期が長いので、子どもたちと相談してこれにしました。

同じイチゴでもいろいろな種類や特徴があるので、みんなでだいぶ悩みました。笑

「一季成り」は、1年に1度、イチゴの旬の5月~6月頃に収穫できるものです。

それに対して「四季成り」は、寒い時期以外は長く花が咲いて、季節を問わずに収穫できるものみたいです。

どうせ植えるなら、たくさん収穫したいですからね。

3株、無事にプランターに植えられました。

枯れかけている葉っぱや、植え付けのときに邪魔になる葉っぱは、取り除きました。

買ってきた新しい苗も、小さい実ができています。

3株で、既に結構、実がなっているので、楽しみですね。

プランターは水やりをして、日当たりの良いウッドデッキの上に置いておきました。

軽くて持ち運びも簡単でした。

それに地面じゃないので、虫の影響も、畑に植えていた昨年より、きっと少なくできると思います。

ガーデニングやお花が好きなお友達たちに言ったら、前にいちごを地植えにした時に、やっぱり虫に食べられてしまって、全滅だったという人がいました。

それに、いちごの栽培は難しいと思って、苗を買うのをやめたという人も。

「今年はプランター栽培にしてみようかな♪」と、みんな言ってましたね。

でも、今うちの庭のカラスノエンドウの雑草に、いちごに付きやすい害虫のアブラムシがいっぱいいるんです!

いちごを守るためにも、早く庭の雑草とりもしなくてはー!汗

苗植えから10日経過・ほんのり赤くなる

いちごをアブラムシから守るために、あれから庭の雑草とりもちゃんとしましたよ^^

その後プランターのいちごは、うちの下の子がこまめに水やりをしてくれて、少しずつ大きくなっています。

ほんのり赤くなってきたイチゴもあります!

こっちは、実がいっぱい付いています。

「大きく育てるためには、立派な何個かだけ残して、他はとっちゃった方がいいのかな?」なんて子どもと話していました。

よく農家さんが栽培するときに、そう聞くことがありますよね。

でも結局「もったいないから、全部残す!」ということになりました。笑

こんな小さい苗も、ちゃんと実がなるからすごいですよね。

苗植えから15日経過・鳥疑惑と初収穫

今日はイチゴの初収穫です!

ちなみに、この前にも2個ほど、赤くなったのがあったんですよ。

でも、なんか変な形に傷んでいるところがあって、虫もくっ付いていないのに、子どもたちと「この痛み方、なんかおかしいね」と言っていました。

そしたら、そのイチゴを見たパパが「鳥に食べられたんじゃない?」と一言。

「そうかもー!この変な欠け方は、きっと鳥だー!」ということで、プランターの場所を、鳥さんたちからよく見える位置にあったウッドデッキの上から、玄関先に移しました。

プランターだと、場所を移動できるからいいですね。

それで今日はやっと、初収穫です。

もうちょっと完熟まで待てたような気がするけど、また鳥に食べられる前に収穫しちゃいました。笑

3つにカットして、子どもたちと食べました。

甘さと酸味が両方ありますね。

子どもたちは「おいしい♡」と喜んでいました。

次は完熟まで待ってから収穫しようかな。

苗植えから20日経過・鳥予防に網をかける

いちご

また赤くなっているいちごがあります♪

近くで鳥がピーチク鳴いているから、また食べられることを警戒して、上から網をかけてます。

網って言っても、野菜用のじゃなくて、川で生き物を採るときの網です!笑

スポンサーリンク

いちご

うちの子が、これで隠してくれました。

いちご

順調に赤くなってますねー^^

苗植えから23日経過・虫除け菜園シート

いちごの実が、土に付いてるのが気になっていたんですよね。

土に付かないように、葉っぱの上に乗せてみたりしてますが…。笑

黒いビニールやワラを敷いたりしないといけないかなぁと思っていたら、ダイソーでこんなものを見つけました。

虫除け菜園シートです!

・光の反射で害虫を予防

・地温が上がり早く丈夫に育つ

・雑草や泥はねによる病気を防ぐ

へぇ~!便利な物があるものですね。

家庭菜園とか園芸用品っていうと、うちはすぐホーマックに行っちゃいますが、ダイソーも実はいろいろな商品があるんですね。

今回ダイソーで、キュウリがつるを伸ばす用の網とか、防草シートとか、塩が原料の除草剤とかいろいろ買ってみました。

防草シートも耐久年数とか、かたい刺さるような植物にも耐えられるかとか、レベルがあるみたいです。

でも、ちょっと雑草防ぎたいときに、このダイソー価格で買えるのは嬉しいですね。

今回はこのイチゴに、この虫除け菜園シートを使ってみます。

写真で見ると、「結構小さいのかな?」と思いましたが、実際に出してみると思っていたよりは大きかったです。

切れ込みが入っているので、苗に付けやすいですね。

サイズは、うちのプランターの幅よりも少し大きいくらいでした。

なかなかいいですね~♪

とりあえず、いちごが土に付いているのは、1つの苗だけなので、今回は3つのうち真ん中の苗だけこの虫除け菜園シートを付けました。

この日、子どもたちが学校から帰って来てから、赤くなっていた4つのイチゴを収穫しました。

1つはかなり小さいですけど。笑

4人家族なので、1人1個ずつ食べました。

私は1番小さいのを食べましたが、この小ささでめちゃくちゃ美味しい!

甘さと酸っぱさがちょうどいいです!

子どもたちも「美味しいー!」と満面の笑顔でした。

今回は完熟状態になるまで、十分に待ちましたからね。

自分たちで大切に育てたこの一粒って、ありがたみと幸せ感が全然違いますね。

ビタミンCが、細胞全体に染みわたる~♪

苗植えから33日経過・アリに警戒する

苗植えから1ヶ月がたちました。

その後も順調に収穫しています。

お世話になった工務店さんが、「今年はどの家の庭も、アリが多い」って言ってました。

確かに私も思ってました!

その年によって、庭の虫のバランスも違うんですよね。

イチゴのプランターにも、数匹のアリが登ってたりします。

アリに警戒しつつ、収穫が遅くならないように、ちゃんと収穫していこうと思います。

のんびりしていたら、昨年のようにアリに先に食べられちゃいますからね。

小さいイチゴを、子どもたちが半分ずつ食べました。

その後に実った1番右側の苗のイチゴが、土に付いていました。

なので、真ん中の苗に付けていた虫除け菜園シートを、1番右側の苗に移動させました。

この虫除け菜園シートは、取り外しも設置も簡単だから、いいわ~♪

(もう1枚買えばいいんですけどね。笑)

苗植えから55日経過したその後・一季成りは終了

その後いつからか、プランターの一番右の苗しか、実がならなくなりました。

イチゴ

他の2つの苗に全くつぼみがならなくなったので、もっと古い葉っぱや枝を切って取り除いた方がいいのかなぁとか、栄養が足りないのかなぁなどと、いろいろ考えました。

そしてある時、ふと気付きました。

一番右の実がつく苗は、今年買った寒い季節以外はずっと収穫ができる「四季成り」の苗です。

そして、他の2つは前からあった別の苗。

ということは、他の2つは「四季なり」じゃなくて、イチゴの旬の5月~6月頃だけに収穫できる「一季成り」の苗だったんだ~!

どうりで、ぱたっと実が付かなくなったわけだ。

私はそれに気付かずに、「なんでこの2つは、花も咲かないし実もならなくなったんだろう?」と、ずっと考えてましたよ。笑

そう考えると、四季成りの苗を買った方が、やっぱりお得な感じがしますね。

一季成りよりも、かなり長い期間楽しめますからね。

次にまたイチゴの苗を買うときには、四季成りにします。

でも本当は、イチゴのランナーと呼ばれる長い茎の匍匐茎(ほふくけい)を使って、子株を自分で増やしてみたいんですけどね。

イチゴは根元からこのランナーを伸ばして、土に付いた部分から根っこが生えてきて、またそこから1株育つんです。

うまくいくとこんな感じです。

イチゴ

それを繰り返して、株を増やせるので、私もいつかは成功させてみたいですね!

一季成りだと思ったら花が咲いた!

「一季成りの2つの苗は今年はもう終了かぁ」と思っていたのに、その後なんと一番左の苗につぼみができて、花が咲いたんですよ!

いちご

うそでしょー!

もうてっきり、今年は終わったと思っていたよー!

どうしてか理由を考えてみると、まず他の野菜のために使った肥料を、イチゴのプランターにも何気なく入れたんですよね。

それが良かったんだと思います。

まず100円ショップのキャンドゥで買った「発酵鶏ふん つぶタイプ」です。

鶏糞

鶏糞

それからまた別の時に、ダイソーで買った「油かす」を野菜にまいたので、イチゴにもついでに土にまきました。

油かす

油かす

そして、スプレーの「万田酵素」も葉っぱにかけました。

万田酵素

万田酵素

いつも野菜の畑にするのがメインで、毎回ついでにという感じでイチゴにもやっていたのですが、たぶんそれが良かったんだと思います。

ということは、それまで一番左の苗にとっては、栄養が足りなくなっていたから、つぼみを付けられなかったということですね。

一番右の苗は、同じプランターの環境でも、今年買ったばかりで元気があったということかぁ。

野菜作りをしていて思いましたけど、適切な「追肥」ってすごく大切で、そして思っていた以上に回数が必要なんですよね。

イチゴにも、定期的にちゃんと肥料を与えていきたいと思います。

結局全部四季成り、肥料不足が原因

その後、残りの真ん中の苗も、花が咲きました。笑

イチゴ

やっぱり肥料不足だったんですね。

結局3つとも四季成りの苗でしたね。

でも花は咲いても、実はならずに枯れちゃうことがあるので、水やりもしっかりしていきたいと思います。

その後、8月の真夏でも、イチゴの収穫が時々できるようになりました!

イチゴ

真夏の食後に、イチゴのデザートが付くなんて、なんて贅沢~♡

まとめ

プランターにいちごの苗を植え変えた様子や、その後の生長の様子についてお伝えしました。

植物にとって、肥料ってとても大切なんですね。

苗に関して言うと、私としては100円とか200円とか少し高くても、長く楽しめる四季成りがやっぱりいいですね。

プランター栽培にして、今回はアリなどの虫の被害もなくて良かったです。

ぜひこれからの家庭菜園の、参考にしてみてくださいね!

<関連記事>
いちごの農薬落とし方は?洗わずに食べても本当に大丈夫?

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴっかりママ

2人の小学生のママです♪

忙しい毎日の中でも、無理なくできる、おいしい食事でつくる、ピュアライフについてご紹介しています。

保育士と子育ての両立で忙しい中、食材宅配と出会いました。

子育て中や共働きで時短を目指したいママに、食材宅配はとってもおすすめです!

食や生活用品の安全基準がしっかりしている宅配を選べば、家族の健康にとっても、安心感がありますよ。

ぜひ、毎日の食生活や日用品選びの参考にしてみてくださいね。

野菜の水耕栽培や家庭菜園もやってます!

ぴっかりママをフォローする
畑・プランター栽培
ぴっかりママをフォローする
食材ぴかぴか家族
タイトルとURLをコピーしました