庭の畑にトマト・オクラ・落花生・ハーブを植えました

畑 畑・プランター栽培

庭の畑を、今年は少し大きくしました。

そこに、大玉トマトと、ジャンボオクラの苗を植えて、落花生の種をまきました。

一緒に植えると病気や害虫を防いでくれる、コンパニオンプランツのローズマリーと、セージも植えました。

庭の畑作りの様子について、お伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

<他の畑・プランター栽培についてはこちら>
野菜を畑やプランターで栽培しよう!庭でイチゴやアスパラも

落花生とローズマリー

今回、こちらには、初めて落花生の種をまいてみました。

畑

本当にピーナツみたいな種で、子どもたちと「ピーナツだ!」と驚きました。笑

そしてホーマックに行ったら、マメ科の植物と相性の良いコンパニオンプランツは、ローズマリーだと書いてありました。

ローズマリー

ローズマリーは、肉・魚料理の風味付けやポプリにも良いそうです。

それに最近メルカリで買った、ガーデニング本を見たら、ローズマリーはハーブティーやハーブバスなどいろいろなものに使えるみたいなので、ちょうど植えてみたいなぁと思っていたんですよね。

マメ科の落花生にも、良い影響を与えてくれるし、いいですね!

トマトとセージ

そしてこちらには、大玉トマトの苗を植えました。

トマトの苗

ホーマックで見つけて買った、リング型の支柱も、すぐにつけてみました。

買いに行ったときに、赤い大玉トマトの苗がちょうど品切れで、そのときにあった黄色い大玉トマトの「桃太郎ゴールド」というのを、今回は買ってみました。

苗の札

黄色いトマトを植えるのは初めてなので、どんな感じになるか、楽しみです!

苗の札

そして、トマトと一緒に植えると良いコンパニオンプランツはセージもいいのだそうです。

セージ

セージはハーブティーや肉の臭み消しにいいんですって。

今回植えたハーブは、アブラムシも寄って来やすいみたいなので、気を付けないと!

ジャンボオクラ

それから、トマトとセージの同じ列には、オクラも植えてみました。

畑

おくらは、1つの苗に3本生えていたので、分けて植えてみました。

オクラ

今回買ったのは「やわらかジャンボオクラ」って書いてありました。

ジャンボってどのくらいの、ジャンボ加減でしょうね?笑

昨年もオクラを植えて、どんどんなるので、途中からとりきれなかったんですよね!

今年は勢いに負けないように、ちゃんと収穫したいと思います。

落花生の生長

落花生の、その後の生長の様子についてお伝えします!

発芽する

落花生の種まきから、早い種で5日で発芽しました!

それまでの間は、全く変化がないから、「これって、時期とかまき方が良くなくて、1つも芽が出ないパターン?」とちょっぴり心配だったけど、ちゃんと準備が整えば発芽するんですね。

コンパニオンプランツで一緒に植えたローズマリー以外の部分に、1列にずらっと落花生の種がまいてあります。

発芽したのは、こんな感じですよ。

ピーナッツから葉っぱが出てるー♪

間引く

落花生の芽が、きれいに全部発芽して、隣同士が近すぎるので、何本か抜いて間引きました。

「何個かの種は発芽しなかったりするのかな?」と思っていたけど、こんなにきれいに全部発芽するんですね。

小さい中にも、生命力がいっぱい詰まった種のパワーに、ちょっと感動です。

30㎝間隔がいいみたいなので、4~5本くらい間引いてこんな感じになりました。

落花生の葉っぱって、なんだかかわいいですね。

落花生の原産地は南アメリカのブラジルとかチリとかペルーとかだそうで、南米の雰囲気を感じます。笑

落花生は、見てるだけでなんだか元気な気分になります。

花が咲く

その後も葉っぱは、ぐんぐん大きくなっていきます。

落花生

そしてついに、花が咲きました!

落花生

きれいな黄色い花です。

落花生

一番上を切り取り摘心する

花が咲き始めたら、メインとなる茎の一番上の生長点を切り取って「摘心」すると、収穫量が増えるみたいなので摘心してみます。

他の野菜でも、摘心作業があるものはいろいろあります。

でも落花生に関しては、摘心しても効果はないという考えもあって、意見は分かれているみたいですけど一応やってみます。

メインの主茎の先端を、はさみで切り取ります。

落花生

こんな感じです。

落花生の葉

花が次々に咲く

花が毎日どんどん咲いています!

落花生

スポンサーリンク

オクラの生長

オクラのその後の生長についてお伝えします。

葉っぱの枚数が増える

やっと葉っぱの枚数が増えました。

オクラ

そして、植え付けがうまくいかなかったのか、3つあるオクラのうち、1つはすっかり枯れちゃいました。

2つのオクラを大事に育てようと思います。

オクラ

つぼみができる

葉っぱが大きく生長してきました。

オクラ

つぼみもできはじめています。

オクラ

葉を見ると栄養状態が分かる

オクラは栄養状態が葉っぱを見ると分かると言われています。

一番上の生長点近くの葉っぱが、細く切れ込みが鋭くなってくると、肥料が足りていない状態です。

栄養が足りていないと、花も生長点の近くで咲くようになります。

反対に葉っぱが太く切れ込みがなくなってくると、肥料が多すぎる状態です。

花が咲く位置も、下の方に下がってきます。

葉っぱの状態や花の付く位置を見て分かるのは、分かりやすくていいですね!

今のうちの苗の状態だと、つぼみの位置は、まだ苗自体が小さすぎてよく分からないけど、一番上の葉っぱの形を見ると、まずまずいい感じの葉っぱですね。

苗を植えてから、何度か肥料を追肥したんですよ。

まず100円ショップのキャンドゥで買った「発酵鶏ふん つぶタイプ」です。

鶏糞

鶏糞

それからまた別の時に、ダイソーで買った「油かす」を土にまいてみました。

油かす

油かす

そして、スプレーの「万田酵素」も葉っぱにかけました。

万田酵素

万田酵素

野菜の種類によって必要な栄養素の割合は違うのですが、私はそこまで細かくやっていないので、野菜たちの様子を見ながら臨機応変に探り探りやっています。

追肥するときには、面倒なので全部の野菜に一気にやってます。

でもオクラの葉っぱの状態は、栄養状態の参考になりますね。

観察して参考にしながら、これからもその都度追肥していきたいと思います。

花が咲く

白いきれいな花が咲きました!

オクラの花

実がなる

花が咲いた後に、次々とオクラの実がなります。

オクラ

オクラの実の生長も、結構早い気がします。

オクラは育ちすぎると固くなって食べにくくなるので、柔らかいうちに収穫していきたいですね。

収穫する

オクラ

収穫しました!

早めに収穫したので、包丁で切ってみてもとても柔らかいです。

収穫したオクラは味噌汁に入れたり、茹でて醤油をかけたり、炒め物などにその都度使っています。

↓オクラの葉っぱの上のカマキリ

オクラの葉とカマキリ

生長しすぎると固くなる

その後も順調に、収穫していました。

オクラ

でもうっかりしていて収穫が遅れると、オクラの実が大きくなりすぎて、固くなっちゃいます。

オクラ

これはもうスジが固くて、とてもじゃないけど食べられません。

種もすごく大きくなっています。

生長が早いので、気持ち小さいくらいで収穫してしまうのが、美味しく食べられて安心ですね。

トマトの生長

トマトのその後の生長についてお伝えします!

実が大きくなってくる

トマトの実が大きくなってきています。

まだ全然色づく気配はありませんね。

大玉トマトだけど、どこまで大きくなるんだろう。

トマトはメインとなる茎と、そこから生えた葉っぱの間から、脇芽と呼ばれる葉っぱが出てきます。

トマトの脇芽

栄養をとられないように、脇芽はとった方がいいので、気付いたら手で折ってとるようにしています。

それから真ん中の茎が伸びて、支柱のリングからはみ出してくることがあるので、リングの中に戻したりしています。

実がさらに大きくなる

実がさらに大きくなりました。

トマト

なかなか立派ですよね!

トマト

子どもたちも毎日のように「トマトでかくない!?」と言っています。笑

色付き始める

トマト

トマトが色付き始めました。

でも黄色いトマトにあまり慣れていないので、赤いトマトと違って、完熟のタイミングがよく分かりません…。

トマト落下

ある時、トマトが半分崩れて落下していました!

トマト

実は梅雨の時期に、とても雨風が強い日があって、翌日支柱ごとトマトが倒れちゃっていたことがあったんです。

支柱の差し方がちょっと甘かったんでしょうね。

それで土に付いていたトマトが傷んでしまいました。

それが影響しているのか、それとも自然に囲まれているので動物に食べられたか、それともうっかり完熟過ぎて落ちちゃったのかよく分かりません…。

収穫する

とりあえず、傷んでいない黄色くなっているトマトは収穫しました。

とれたてをただカットして食べてみたら、とってもフレッシュで美味しかったです!

トマト

自然の恵みですね。

その後は、黄色く色付いたら早めに収穫するようにしました。

トマト

まとめ

庭に新しく作った、畑についてご紹介しました。

畑はもう1列作る予定でしたが、子どもたちが「池を作りたい!」と、だいぶ深い穴掘りをして遊んでいるので、今回は作れませんでした。笑

畑には一応、コンパニオンプランツを意識して植えてみました。

野菜の葉っぱが生長したり、花が咲いたり、実を付ける様子は見ていても楽しいですね。

とれたて野菜は本当に美味しくて、家庭菜園は毎日いろいろな種類を少しずつ収穫できるので、新鮮なうちに料理にも使いやすいです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

<関連記事>
トマトの挿し木の苗マリーゴールドとバジルで病害虫予防

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴっかりママ

2人の小学生のママです♪

忙しい毎日の中でも、無理なくできる、おいしい食事でつくる、ピュアライフについてご紹介しています。

保育士と子育ての両立で忙しい中、食材宅配と出会いました。

子育て中や共働きで時短を目指したいママに、食材宅配はとってもおすすめです!

食や生活用品の安全基準がしっかりしている宅配を選べば、家族の健康にとっても、安心感がありますよ。

ぜひ、毎日の食生活や日用品選びの参考にしてみてくださいね。

野菜の水耕栽培や家庭菜園もやってます!

ぴっかりママをフォローする
畑・プランター栽培
ぴっかりママをフォローする
食材ぴかぴか家族
タイトルとURLをコピーしました