長ネギを水耕栽培から室内のプランターで育て、庭の家庭菜園へ

長ネギ 切った野菜育ててみました

長ネギを料理で使った時に、根元を少し長めに残しておいて、水耕栽培をしています。

水耕栽培である程度大きく育てたら、次は室内のプランターでさらに大きく育てます。

今回はそのプランター栽培した長ネギを、庭の畑に移しました。

我が家の長ネギ栽培の様子について、お伝えします!

スポンサーリンク

最初は水耕栽培から

長ネギって、何かとあると便利な食材ですよね。

そばをゆでようとした時とかに、長ネギがないと結構ショックです。笑

そんな時に、常に自分で育てている長ネギがあると、本当に便利だなぁと思います。

夏は室温も高いので、水耕栽培しても、すぐに水につけている部分が傷んで、ダメになってしまいます。

秋になって涼しくなってから、また我が家の水耕栽培も、本格的にスタートです。

長ネギ水耕栽培

野菜の中でも長ネギは、生長が早いので、水耕栽培におすすめですよ。

目に見えて生長が分かるので、育てていても楽しいです♪

上の緑の部分と、根っこもしっかり育てていきます。

頃合いをみて古い周りの皮をむくと、中に新芽が出てきます。

でもある程度まで育てると、水耕栽培の限界が見えてきます。

もちろん、そこまで育ててから、お料理に使っちゃってもいいですけどね。

私の場合は、そこからは室内のプランターに移して育てています。

室内のプランター栽培

やっぱり植物は土に植えると、よく育つんだなぁと感じます。

水耕栽培で見えていた限界を超えて、よく育ちます。

スポンサーリンク

長ネギ

たまに水のやりすぎで、根腐れしちゃうことがあるので、水の量には注意です。

そしてやがて、室内のプランター栽培の限界も感じ始めます。

最後は庭の家庭菜園へ

最後は庭の家庭菜園へ移します。

プランターから、地植えに移します。

そうすると、本当にたくましく、売り物みたいに立派に育つんですよ。

こちらは、春に室内のプランター栽培をしないで、水耕栽培からダイレクトに庭に移した長ネギですが、11月にはこんなに立派に育っています!

いろいろやってみたのですが、我が家の場合は、室内のプランター栽培を経た方が安全でした。

自然に囲まれていて虫が多い環境なので、長ネギにも結構つくし、近所に住んでいる猫に長ネギの茎を折られてしまったことも何度かありました。

だからある程度まで、室内のプランター栽培で、さらに大きくしてあげてから庭の方が安全だったんです。

今回は、長ネギを庭に移したのは11月です。

長ネギ

これからますます寒い季節になっていくので、ここからどこまで大きくなるんでしょうね。

この季節からなら、虫もぐんと少ないので、虫に関してはいくらか安心ですが、これから楽しみに生長を観察していきたいと思います!

まとめ

我が家の長ネギ栽培の様子についてお伝えしました。

生長の様子については、またこちらのブログに追記してお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴっかりママ

2人の小学生のママです♪

忙しい毎日の中でも、無理なくできる、おいしい食事でつくる、ピュアライフについてご紹介しています。

保育士と子育ての両立で忙しい中、食材宅配と出会いました。

子育て中や共働きで時短を目指したいママに、食材宅配はとってもおすすめです!

食や生活用品の安全基準がしっかりしている宅配を選べば、家族の健康にとっても、安心感がありますよ。

ぜひ、毎日の食生活や日用品選びの参考にしてみてくださいね。

野菜の水耕栽培や家庭菜園もやってます!

ぴっかりママをフォローする
切った野菜育ててみました
ぴっかりママをフォローする
食材ぴかぴか家族
タイトルとURLをコピーしました